2010年 06月 08日

来ました!iPhone 4

下の記事に続き、昨日の深夜発表となったiPhoneの話しです。

興味の無い方はスルーして下さいね〜。





と言うわけで、
昨日の深夜2時から始まったWWDC。Sジョブズが壇上に上がってからおよそ30分。
遂にその時が来ました。
まずは新型iPhoneの名称発表!その名も【iPhone 4】だそうです。
e0039463_11534099.jpg

【iPhone 4】の【4】には様々な憶測がありますが、
アップルの見解としては【4世代目】と言う意味合いだそうです。
当初、新しい通信方式の【4G】からと思われましたが、
現状、4Gはまだまだ開発途中の通信方式なため、【4世代目】となったのでしょう。

そしてiPhone 4には、新しいCPU【A4】が搭載されています。
e0039463_11563972.jpg

このCPUは先日発売されたiPadにも搭載されているモノで、
これまでのiPhone3G、iPhone3GSより遥に高い処理能力を持っています。
よってアプリの起動や、文字の入力など、ストレス無く行えることでしょう。
詳細はこんな感じです。
e0039463_11585749.jpg

因みにこの【A4】は、iPad、iPhone 4の発表前にAppleが買収したモノです。
そしてこっそり書かれていて見過ごしがちですが、Wi-Fiも802.11nになっています。

そして次にアップグレードされているのが画面。
表示ピクセルやコントラスト、かなりキレイな画面に変更されているようです。
e0039463_1202343.jpg

当初、有機EL搭載!なんて話しも合ったようですが、
コスト面からこの辺は却下されたのか、それとも当初から候補になかったのか、、、

続いてはカメラ機能。
初代iPhone、iPhone3Gの頃は、Appleもまだそれ程カメラ機能が重要という認識は無かった。
しかし、日本を始め、各国で携帯ユーザーが増えて行くに当たりカメラ機能の重要性が、
ドンドンと増していったことにより、iPhone3GSではAF、解像度アップがなされました。
そして今回のアップグレードも素晴らしいモノになってます。
e0039463_1243889.jpg

外側カメラには5Mピクセル、LEDフラッシュ、5倍デジタルズーム。
そして待望の内側カメラ、この内側カメラ搭載により、テレビ電話が可能に。
しかし、3G回線でのテレビ電話は不可、Wi-Fi環境下でiPhone 4同士でないとダメ。
でもこの条件は【2010年内のみ】という意味深条件。
来年には何らかのアップデートが期待されますね〜。
是非とも【他キャリア間テレビ電話】を実現して欲しいものです。

そしてカメラ機能のもう一つ【動画】。
初代iPhone、iPhone3Gでは動画撮影モードは非搭載でした。
iPhone3GSからは動画撮影モードが搭載されていましたが、画質的に、、、なモノでした。
e0039463_1210531.jpg

そして今回のアップグレードでは、なんと【740p HD】撮影が可能となったのです。
家庭用テレビで言うところの【フルHD】とは行きませんが、
それでも格段にキレイなHD動画が撮影可能となったのです。
画質の程度はYouTubeなどで【740p】を選択してみて見て下さい。

そして誰もがビックリさせられたのが、iPhone 4で撮影したHD動画を、
iPhone内で編集することが出来るソフト【iPhone iMovie】の発表でした。
e0039463_12174389.jpg

インターフェイスはMacのiMovieとほぼ同じ。
直感的に操作でき、更にエフェクトやテロップ、音楽も入れ込み可能とのこと!
こんな事が出来るのも【A4】CPUの恩恵なのでしょうね〜。
e0039463_12201051.jpg

このアプリはデフォルトではないのですが、米国価格$4.99。
日本でも約600円ほどで買うことが出来るでしょう。素晴らしい!

今回の発表前に、試作機がリークされて依頼、話題となっていた部分が判明しました。
それはこの本体横の金属部分にある【切れ目】。
今回のConferenceでも、
ジョブズは【Appleとしてこの切れ目は納得いっていない】と言っていました。
しかし、説明を聞いてみるとそれは納得。ジョブズもここに関しては妥協だったのでしょう。
e0039463_12283040.jpg

実はこの切れ目、下部と上部2箇所に入っており、端末正面から見ると2つのパーツに。
この2つパーツが意味するモノ、それはアンテナだったのです。
e0039463_1230829.jpg

5つあるアンテナを、この2つのパーツに分けて配置せざる終えなかった。
アンテナ、電波の規格上、一つにまとめることが出来なかったのでしょう。
まぁ〜ユーザーにしてみれば、意味のある【切れ目】なので、そこは納得するでしょう。

更にiPhone 4には追加されている機能がまだまだあります。
e0039463_12321334.jpg

この中の【Gyroscope(3-axis)】は今回新たに搭載された機能。
多分【3次元モーションセンサー】ってことでしょうか?
今までのiPhoneは本体を横にすると画面も横向きになる。というモノでした。
これはいわゆる2次元。3次元と言うことは【縦横】にプラスして、
【本体を前後左右】に移動するような動きにも、反応すると言うことでしょうか?
判りやすく言えば、【Wii】のワイヤレスコントローラーみたいな感じ?
まぁ通常使用ではそれ程、使う場面はないのかな?
ゲームアプリでは面白いことが出来そうです。

と言うわけで、
これら素晴らしいアップグレードを成し遂げたiPhone 4が何時発売なのか!?
気になるところですが、日本での予約開始は6月15日。発売は6月24日だそうです。
e0039463_12394366.jpg

アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、そして日本が同時発売。
これってもの凄い凄いことだと思います。
これまで発表されてきたiPhoneは、アメリカと同時発売は無かった。
それが今回、アメリカと同時発売になったことで、Appleも日本での販売が、
かなり重要なモノだと言うことを認識しているのでしょう。
そしてこれによって、AppleとSoftbankの信頼関係はより強固なモノになったでしょうね。

気になる価格ですが、
日本の販売価格はまだ正式にアナウンスされていませんが、
昨日発表されたアメリカ価格は、16Gモデル$199、32Gモデル$299だそうです。
e0039463_12475534.jpg

単純に110円換算で計算しても、約22000円と33000円。かなり安いです。
iPhone3Gの時はおよそ65000円。それから考えれば約半額です。

と言うわけで、
長々と書いてきましたが、この様な内容のサービス、端末を33000円で使える。
これってメチャメチャお得だと、俺は思います。
docomoにこだわる人がまだまだ多いようですが、docomoの端末価格、
その端末で出来る事、それらを考えると【docomoでいいの?】って思いますね〜。
老人や興味のない人、電話が出来ればいいと言う人には勧めませんが、
ちょっとでも興味が湧いたら、使ってみる価値は充分にあると思いますね〜。

iPhone 4仕様書
e0039463_20452742.jpg

では最後に、iPhone 4 Galleryをお楽しみ下さい。
e0039463_12542756.jpg

e0039463_12543793.jpg

e0039463_12544824.jpg

e0039463_1255038.jpg

e0039463_12551316.jpg

e0039463_12552821.jpg

e0039463_12553976.jpg

e0039463_12555325.jpg

e0039463_1256426.jpg

e0039463_12562127.jpg

e0039463_125632100.jpg

[PR]

by y-nakano8250 | 2010-06-08 12:56 | iPhone


<< Safari 5      まもなくWWDC >>