2014年 10月 27日

【未知との遭遇】的なお仕事

これより書き記す記事には、写真は一切ありません。

お時間あるときと、お暇なときに以下よりご覧下さい。

★文章のみですm(_ _)m




遂にCameramanとしてデビュー?!

一昨日(10/25)昨日(10/26)今日(10/27)と、
某有名韓流スターのファンクラブ主催による沖縄ツアーの、
ツアーイベント、スタートとのツーショット撮影会のPhoto Cameramanとして、
お仕事をしてきました。

今まで動画、いわゆるテレビ屋としての仕事しかしていない訳ですが、
写真を趣味としては結構長く続けていました。
そんな私めに、Photo Cameramanとしてのお仕事が舞い込んできました。

以前一緒にお仕事をしていた沖縄の仲間が、
俺がカメラを趣味として、色々と写真を撮っているのを知っていてくれ、
今回お声を掛けてくれました。

お仕事の内容は上にも書いたとおり、
某有名韓流スターのファンクラブイベントが沖縄で行われ、
そこで行われるイベント(じゃんけん大会、スターとの質疑応答、スターと食べるディナーなど)、
そしてホテルチャペルでのツーショット写真撮影会がメインの撮影でした。

で、何が【未知との遭遇】かと言いますと、
Photo Cameramanとしてのお仕事もそうですが、
それよりも【未知との遭遇】だったのが、
これらのファンクラブイベント自体が【未知との遭遇】だったのです。

今回のイベント参加者は全て女性、いわゆる【おばさま達】。
年齢層は50代から、最高齢は86歳だそうです。

そのおばさま達が、要所要所で見せる【乙女のような悲鳴と笑顔!】(ちょっと強引な表現ですが、、、)
某有名韓流スターが、
歩けば悲鳴、笑えば悲鳴、汗を拭くだけでも悲鳴、何をやっても悲鳴が轟くのです。

正直、私、韓流に全くといっていいほど興味が無く、今回の某有名韓流スターも全く知りません。
Wikipediaで検索すると出ては来ますが、そのパーソナルを読んでも全く知りませんでした。

まぁ、ちょっとひいき目に見れば、
この年代になってもこれだけ熱くなれる物があるというのは、いいことなのかな〜?
とも思いますが、おばさま達、個々の対応や振る舞いを見るとかなり引いてしまいます。

某有名韓流スターが、参加者のお部屋を訪ね(部屋の玄関先)プレゼントを渡すイベントがあるのですが、
玄関先にもかかわらず、ルームサービスでシャンパンを用意して待っているおばさまや、
ドアが開いた瞬間に、部屋の中から大量のフラッシュがたかれ写真を撮ったり(写真撮影はNGなのに!)、
スケスケドレスに身を包み、妖艶な匂いをまき散らしているおばさままで登場!
そしてスタッフの制止を振り切ってHugして離さないおばさま。
いくら人気商売とは言え、ここまでやられるのも某有名韓流スターも可愛そうな商業だよね〜。

まぁ、日本で大人気の韓流スターでも、
自国韓国ではそれ程人気も無く、仕事も少ないと言われているらしいので、
日本は絶好のマーケットになっているのだと思うけど、
こんな商売はどうなのかね〜?

まぁ、俺的には今回、始めてこの様な現場に遭遇し驚いていたわけだけど、
ツアーを企画した旅行会社さんの話によると、
「こんなのは普通です。もっと酷く、えげつない参加者も居ますよ〜。」だって。
【えげつない】ってどんなことしたんだろうね〜(^_^;)

とりあえず、
企画内容はどうあれ、今回初めてPhoto Cameramanとしてお仕事できたのは、
非常に有意義なお仕事でした。

普段、沖縄の風景しか撮ったことの無い俺ですが、とても楽しめ、そしてお勉強となるお仕事でした。
また、この様なお仕事が入ってきたら、、、、、、

当然、やらせて頂きます(^_^;)

今回は【未知との遭遇】的なお仕事のお話しでした。
★某有名韓流スターの写真は、事務所プロテクトにより1枚も手元にありません(^_^;)



[PR]

by y-nakano8250 | 2014-10-27 16:04 | 仕事


<< 28年の腐れ縁・東京の友が来沖      丸々一日大忙しでした(^_^;) >>