父虎・母虎・子虎 日記

tiger8250.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 03日

まだまだ沢山あるぞ!

今日、ロケで沖縄本島中部にある沖縄市へ行った。
ここは基地の街としても有名な街で、
あちらこちらに外人(米兵)が沢山いる。

ベトナム戦争の真っ只中のときには、
この町はベトナムから帰還した兵士で溢れ、
街も賑わいをみせ活気があったらしい。

そんな沖縄市で、今日昼食を食べたのだが、
まだまだ俺の知らない食べ物が、
沖縄にはあるなぁ〜!と実感した!

その料理はこちら!その名もフーヨン
e0039463_21463863.jpg





そのフーヨンってモノに超興味が湧いてしまった俺は、
もう他のモノなどオーダーする気にはなれず、
店員さんに大きな声で「フーヨンください!」と宣言!

本来であれば「フーヨンって何ですか?」と聞きたいところではあるが、
そこは現物が来るまでじっと我慢!
初めに知ってしまうと、名前と現物とのギャップに楽しめないからね。

メンバーとフーヨン談義で盛り上がる中、
店員さんがお盆を持って近づいてきた!
そして店員さんが一言「フーヨンの方〜!?」
俺は元気よく「はぁ〜い!」そしてお盆の上には、、、、、、?!

e0039463_21505228.jpg

メンバーでしばし無言で観察。
俺が口火を切って一言「これって、、、、卵焼き、、、?!」
メンバーも一様に「卵焼き」と思ったようだ。

言い忘れたがここで言うメンバーは全員沖縄の人!
その沖縄の人ですら初めて聞く料理だった。

まずはこの黄色い物体に掛かっているソースのようなモノから味見。
するとそのソースは、鶏ガラで出汁を取ったような中華風のあんかけソース。
そして次に問題の黄色い物体に手を付けてみた。

ひとブロックを一気に口の中へ!
「・・・・・・?!た・ま・ご・・・!」  そうです。
これは卵料理だったのです。
中にはニンジン、シイタケ、タケノコなどをみじん切りにし、
更にムキエビが入っており、それを厚焼き卵風に焼いたモノ。
格好良く言えば「キッシュ」みたいな感じ。
お味の方は、、、、う〜ん!、、、、中華風卵焼き定食ですね。

全てを食べ終えたところで、店員さんに聞いてみた。
「すみませ〜ん。なんでフーヨンって言うのですか?」と聞くと、
お店の人曰く、、、、

このお店の創業者が昔、米軍基地内のレストランで働いていた頃、
同じ店で働くフィリピン人シェフに、この料理を教わったらしい。
フィリピンでメジャーな料理かどうかは判らないが、
創業者が気に入ったらしく、お店で出そう!となり、
出したところそれなりに売れたので、現在もメニューとしてあるのだとか。

まぁ、沖縄料理ではないが、
沖縄にはまだまだ変わった料理があるなぁ〜と実感した昼食でした。
[PR]

by y-nakano8250 | 2007-04-03 21:59 | 沖縄


<< 新規購入第1弾!      新スタート! >>