<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 27日

沖縄限定

昨日、打合せ帰りに沖縄限定物を見つけました。

それがこちら。
e0039463_10285059.jpg

沖縄限定・吉野屋「牛丼バーガー」です。

いわゆるモスのライスバーガーと同じ感覚。

中身はこちら。
e0039463_10301970.jpg

ライスバーガーのライス部分は、牛丼のだし汁で炊きあげているそうです。

そして牛肉とレタス。ある意味タコス感覚なのでしょうか?

お味は、、、不味からず、、、旨からず、、、

お値段330円。

もう買わない、、、。
[PR]

by y-nakano8250 | 2009-05-27 10:31 | 沖縄
2009年 05月 25日

もずくの天ぷら

みなさんは、もずくをどのようにして食べていますか。

沖縄でモズクを食すときに、上位にランクインする食べ方が、

モズクの天ぷらなんです。

というわけで、

先日、石垣島から天然モズクを送っていただいたので、

昨晩天ぷらにしてみました。
e0039463_13113642.jpg

左がもずくとゴボウを入れた天ぷら。

右が「あおさ」という岩のりで、タマネギと一緒に天ぷらにしました。

モズク天ぷらは特に味がというわけではなりませんが、

結構クセになります。

あおさ天ぷらは、磯のかおりが香ばしくおいしい逸品です。

機会が有れば、沖縄に来たときに食べてみて下さい。
[PR]

by y-nakano8250 | 2009-05-25 13:13 | 沖縄
2009年 05月 19日

例年より5日遅れ

昨日、沖縄は梅雨入りしました。

例年より5日遅いそうです。

これから約1ヶ月、ジメジメした日々が続きます。

沖縄では欠かすことの出来ない除湿器。

昨日も寝室で除湿器をかけていたら、

湿度を表示するデジタル計が56%を表示。

俺がのぞき込んでいるとなんと!

そのデジタル計が58%に変わったではないか!

俺はそんなにジメジメしてるのか・・・

_| ̄|○ _/ ̄|○ _/\○_ ___○_
[PR]

by y-nakano8250 | 2009-05-19 11:22 | 沖縄
2009年 05月 15日

日本国復帰記念日

1972年5月15日。
今から37年前の今日。
沖縄は日本国に復帰を果たしました。

今から66年前、日本は戦争をしていました。
その戦争の際、ここ沖縄では国内唯一の地上戦が繰り広げられ、
罪のない大勢の人々の命が犠牲となりました。

その恐ろしい戦争が終わり、新しい時代の幕開けが来たはずでした。
しかし、東南アジアや大陸に近く、沖縄の地理的条件の良さが、
軍事的な面で目をつけられてしまいます。

アメリカは沖縄を太平洋の要石として、
軍事の拠点として使用することになったのです。
大規模な基地の建設。
そのために強制的に土地を取り上げられた住民も少なくありませ。

そして 1951年。
沖縄はアメリカの統治下に入りました。
この日から日本語を話しているのに通貨はドル。
沖縄を出る際にはパスポートが必要、という外国になってしまいました。

そんなアメリカの統治は20年続きました。

1971年。
「沖縄返還協定」によって、その状況に終止符が打たれ、
1972年5月15日午前零時、沖縄は日本国に復帰しました。

しかし、本土並みの所得水準、基地の返還を夢見た本土復帰は裏切られ、
復帰してもなお沖縄を占有する基地はなくならず、
相変わらず騒音を振りまき、生活水準も47都道府県中いまだ下位です。

あれから37年。
俺が見る沖縄は一見華やかに見え、癒しの島ともてはやされていますが、
それ程大きく変わっていないような気がします。
[PR]

by y-nakano8250 | 2009-05-15 09:11 | 沖縄
2009年 05月 03日

手作り醤油

先日、出張で竹富島へ行っていました。

勿論撮影での出張ですが、今回のネタは、

竹富島で老夫婦が、手作りのお醤油を造り、

販売しているというネタ。

そのお醤油はこれです。
e0039463_834276.jpg

その昔、竹富島は大豆栽培が盛んな島で、

その大豆を使って各家庭では、

味噌、醤油はみんな自家製だったそうです。

ところが、島の農業が衰退し、島の外で働く人が増えると、

大豆栽培も衰退。次第に各家庭では味噌や醤油を造らなくなり、

スーパーで購入するようになったそうです。

しかし、今回取材した老夫婦は、先代からの言い伝えを守り、

今も竹富島で醤油を造り続けています。

原料の大豆、麦は、福岡から取り寄せ、

発酵原料は通常みりんなどで行うのですが、

このお醤油は泡盛を使っています。

でも、泡盛のクセなどは一切残っていません。

色は薄いですが、通常のお醤油の3倍ぐらい濃いので、

調理には少々工夫が必要です。

でも、このお醤油ですまし汁など作ると、メチャメチャおいしい!

老夫婦は既に80歳を超え、重労働も厳しい状態ですが、

幸いにして、娘夫婦が跡を継いでくれるそうです。

このお醤油は基本的に島内での販売ですが、

何処かのネットでも販売しているそうです。

興味のある方は探してみて下さい。
[PR]

by y-nakano8250 | 2009-05-03 08:44 | 沖縄