父虎・母虎・子虎 日記

tiger8250.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 08日

AVATAR-3D

昨日、【色々な意味】で話題になっているAVATAR-3Dを、

かみさんと一緒に見てきました。
e0039463_1234033.jpg






冒頭に挙げた【色々な意味】とは、見た人に聞くと、

【3Dが微妙】【飛びでない!】【なんだかなぁ〜!?】っていうのが大半。

そんな前評判を頭に入れつつ、ネットでチケット購入(席も予約できる)し、

有楽町マリオンへ!

劇場へ到着後、入口で早速3Dメガネが手渡されました。
e0039463_1271587.jpg

俺がイメージしていた3Dメガネとは全く違う物でビックリ。

色々と観察していると、メガネ自体にも細工がされているようです。

両目のセンター部分に何やらセンサーが着いており、

映画が始まりこのセンサー部分を指で隠すと3Dではなくなり、

いわゆる二重にぼやけた映像になってしまいます。(↓こんな感じ)
e0039463_12111027.jpg

ということは、何らかのセンサーが付いているという事は、

この目がね自体に電気的力が働いているはず!

そこで更にメガネを観察して見ると、ボタン電池が入っていました。
e0039463_12125569.jpg

この丸い部分を開けるとボタン電池が格納されていました。

詳しい仕組みは判りませんが、いままでの3D映画とはだいぶ違う概念なのかも。

見に行った人々が口々にする【3D不評】は、

ディス二ーランドやUSJの3Dライド系ムービーのイメージが先行し、

その期待感でAVATARを見たからのコメントでしょう。

AVATARの3Dは、【飛び出す】というより、【奥行き感】の凄さだと思います。

でも、ただ一つ一番飛び出していたモノがあります!

それは、映画全編を通して飛び出てくる【字幕スーパー】。

こいつが一番飛び出していました。

これから見に行く方で、3D映像を存分に楽しみたい方は、

絶対に吹き替え版で見た方がいいです。

内容自体は大したことのない映画なので、吹き替え版で充分でしょう。

by y-nakano8250 | 2010-03-08 12:18 | 夫婦生活


<< 何となく・・・      日付と時刻 >>